So-net無料ブログ作成
検索選択

2012/12/9 小仏城山~高尾山(いろはの森コース) [奥高尾]

午前中は、片倉城址に散歩に行って、帰ってきてから南大沢のアウトレットへ、息子の修学旅行のキャリングバックを買いに行って、更にヨシダへ熱帯魚&観葉植物を見に行ってきました。

結局、キャリングバックは買ったけど、ヨシダでは何も買いませんでした。

◎12:53 日影沢林道入口

今日はここからランニングスタート。

望遠レンズを付けるとカメラが重くて、ペースがあがりません。

◎13:33~13:56 小仏城山

ここに来るまで一枚も写真を撮らないなんて、スランプですかね。

もしかして、クマよけの鈴の音で鳥さんたちが逃げちゃってるのかな?DSC_5217.JPG

今日もここで昼食です。

昨日と違って、今日は米ちゃんのおにぎり弁当(300円)。DSC_5218.JPG

このおにぎり、具が左右で分かれていて、得した気分になります。

食事の後は、たき火にあたって一服。

となりにいたじいさんがむかついたけど、我慢我慢。

富士山はちょっとだけ、見えました。DSC_5220.JPG

ここからは昨日と同じコースで高尾山を目指します。

一丁平には、シモバシラの氷の華がたくさん咲いていました。

午後にこれだけ残っているなんて、よっぽど寒いんでしょうね。DSC_5222.JPGDSC_5223.JPGDSC_5224.JPG

◎14:23 高尾山

今日もすいていました。DSC_5231.JPG

高尾山頂上からは、1号路経由でいろはの森コースで下山。

人が全くいなかったので、クマよけの鈴をならないようにして鳥を探したのですが、全く出会えませんでした。

そうなんです。この鈴はならないようにできる優れものなんですよ。DSC_5239.JPG

キョロちゃんが、とっても寒そうでした。DSC_5240.JPG

◎14:59 日影沢林道入口


今月CDをたくさん買って、D600が遠のいていますが、さらに欲しいCDがあるんですよ。

熱帯魚も欲しいし、とっても困っています。

Canary

Canary

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ソニーレコード
  • 発売日: 1990/10/15
  • メディア: CD


タグ:富士山
nice!(46)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 46

コメント 10

takenoko

高尾山付近は熊よけの鈴が必要なのですか?
by takenoko (2012-12-11 12:20) 

さとし

takenoko さん、確かに高尾山では必要ないですよね。
でも、山奥にひとりでいると、不安になることがあるので、鈴があると安心です。
by さとし (2012-12-11 22:25) 

JUNJUN

キョロちゃん、なんだかかわいそうです・・・。
by JUNJUN (2012-12-11 22:54) 

さとし

JUNJUN さん、寒くなるとよりかわいそうに見えますよね。
でもこれって、高く売れるってことはないですかね???
by さとし (2012-12-11 23:05) 

美美

高尾もかなり冷え込んでいるようですね。
熊は油断しないでくださいね^^
もしかすると出るかもしれませんよ(笑)
by 美美 (2012-12-12 18:57) 

さとし

美美さん、今年はいつも以上に寒いかもしれません。
となれば、当然冬眠してますよ。

by さとし (2012-12-12 21:29) 

ナツパパ

わたしもフルサイズの一眼レフカメラ欲しいんです。
でも、年末年始、意外と出費が多くて...残念です。
by ナツパパ (2012-12-14 18:09) 

ナビパ

霜柱は氷の花に納得です。
マクロで大きく撮ってみたくなります。
by ナビパ (2012-12-14 20:17) 

さとし

ナツパパ さんもですか。
やはりフルサイズって、魅力ですよね。

私の場合、ボーナスがどんどん減ってきて、残念です。

仕事量はどんどん増えているんですけどね。
by さとし (2012-12-14 23:34) 

さとし

ナビパ さん、マクロで撮影?
そういえば冬場は望遠ばかりで、マクロで撮影したことがないかも。


by さとし (2012-12-14 23:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。